残される家族に負担をかけずにすむ

終活も多くの人に知られるようになりました。今では、死んでもいないうちから、葬儀のことを考えるのは縁起が悪いと思われることはほとんどありません。生前に準備しておくことは重要と考えられるようになりました。エンディングノートを活用している人も増えてきています。

終活を行うことは、自分のためだけではありません。残される家族のためでもあります。何も決めずになくなった場合は、家族にかかる負担はかなり大きいです。終活をきちんと行っておけば、家族に負担をかけることはありません。

スムーズに葬儀ができるでしょう。ただ、エンディングノートに自分の希望を書いておけば安心と言うわけではありません。エンディングノートには法的拘束力がないです。もし、絶対に自分の希望を遂行してもらいたいと考えるのであれば、公正証書などを活用した方がいいでしょう。

遺族に負担をかけたくないと考えるのなら

終活をきちんとやっておくと、いざ自分が亡くなっても家族が困ることがありません。どう言う葬儀をすればいいかが分かるからです。遺族に負担をかけたくないと考えるのなら、終活のことをしっかりと理解し、自分の希望を明確に書き記すようにしましょう。

たとえば、最近ブームのようになっている無宗教葬を行いたいと言う場合は、しっかりと演出方法を考えなくてはいけません。ただ単にブームだから、無宗教葬の方が費用を安く抑えられるからと言う理由だけで選ぶのはやめましょう。

無宗教葬のことをきちんと勉強すべきです。そうすれば、きちんとした無宗教葬の演出方法が分かってきます。そして、イメージが固まったら、生前予約できるシステムを選ぶことになりますが、いきなり1社に決めるのはよくありません。

いくつかの会社から資料を取り寄せ、吟味して絞っていきましょう。

● 参考
終活に必見 ! 役に立つ情報が満載【終活のミカタ】
https://shukatsu-mikata.jp/
ウェブページ